交易ノウハウ公開

交易とは「安く買って高く売る、その差益を追求する」ということに尽きます。

  • EVEの通常マーケットはリージョン毎に形成されているので、AリージョンよりもBリージョンの方が安いということであればBリージョンで仕入れてAリージョンで売れば利益が発生します。

単純にそれだけで儲かるということであれば誰でもやるわけですがそう甘くはありません。

  • 同じリージョン内での差益を狙ってDayTrading?という事も可能です。

スキルを上げることによって最大同リージョン内のどのSystemでの取引も遠隔操作で可能となることを利用して売買を行う手法で、もちろん同じStation内でBuyオーダーを出して買ったものをそのままSellオーダーで売るという形態もありえます。(この場合はかなり頻度の高いオーダー値の更新作業が発生するので張り付きでないと利益を生むのは難しいでしょう)

  • NPCが販売している製品を同じくNPCが買い取りしている所へ運んで差益を得るという交易もあります。

この場合は薄利になるのでそれなりの利益を求める場合は大型輸送船が必要になります。

ヒント

  • 各リージョンにはある程度流通量の多いSystemがある
  • T1製品は製造から得られるだけではなくNPCからのルート品としても入手可能。
  • NPC販売製品はどこでも同じものを売っているわけではない。
  • Named品(Meta1〜Meta4)はリプロセス(溶かし)た場合T1製品よりも得られるミネラル量が少ない。
  • Tech2製品がかならずMeta4よりも性能が良いとは限らない。
  • Tech2製品とNamed品との特性の違いと艦船Fitの実態を知る。
  • Tech2製品にはBPOが存在する。(通常は発明により得られたBPCにより製造される)
  • オーダーを出す際にシステムに取られる手数料を軽減することによって利益を増やすことも出来る。
  • 商品価格は常に流動的であるものも、固定的に価格が変わらない物もあるので価格変動を見極めて仕入れ、販売をする。
  • 取り扱う商品の実際の流通量を把握することによって不良在庫を持つリスクを軽減できる。
  • 商品の価格帯によっては数Jump先に同商品が安く売っていても手近で買う人もいる。
  • 商品の需要が発生する状況を考え、見極めた上で販売場所を選定する。
  • パッチなどで性能が変化するアイテムをパッチ前に買占め→パッチ後値段が上がった時に売る。という方法もあります(値上がることを予想できればですが)。

スキル

スキル名説明RankPriSec必要スキル
Accounting販売時にかかる税率、-10%/Lv3CHAMEMTrade 4
Broker RelationsOrder作成時の手数料(Broker's Fee)率、-5%/Lv2WILCHATrade 2
Margin TradingBuy Order時に必要な前払い代金、-25%/Lv3CHAMEMAccounting 4
Daytrading離れた場所からOrder修正が出来るようになる。Lv1星系内 Lv5Region全体1CHAMEMTrade 4
Marketing離れた場所からSell Orderを出せるようになる。Lv1星系内 Lv5Region全体3CHAMEMTrade 2
Procurement離れた場所からBuy Orderを出せるようになる。Lv1星系内 Lv5Region全体3CHAMEMMarketing 2
Visibility離れた場所からのBuy Order時に買取範囲を設定できるようになる。~Lv1星系内 Lv5Region全体3CHAMEMProcurement 4
Trade同時に維持できるOrder数、+4/Lv1WILCHA
Retail同時に維持できるOrder数、+8/Lv2WILCHATrade 2
Wholesale同時に維持できるOrder数、+16/Lv4CHAMEMRetail 5,Marketing 2
Tycoon同時に維持できるOrder数、+32/Lv6CHAMEMWholesale 5,Marketing 4
Contracting同時に維持できる個人名義のコントラクト数 +4/Lv1CHAWILSocial 1
Corporation Contracting同時に維持できるCorp名義のコントラクト数 +10/Lv3CHAWILContracting 4

TAROH memo

■商売の定義

一切の生産活動を行わず収入を得る活動のこと。生産活動とは堀、Mission・Rattingによるモジュール・サルベージマテリアルの入手、BPCなどを用いたモジュールおよび船の作成を指します。つまり、マーケット機能と手元資金のみでの活動を指します。

■商売の基本

商材を安価で購入し、高価で売却。その差額を収入とします。とにかくマーケットを見る習慣を付けましょう。

■何を買い、何を売るか、どこで買い、どこで売るか

それを見つけることができればもはや立派な商売人。具体的な内容はライバルを増やすだけなので誰も教えてくれません。ポイントは誰が売りたがっているのか、誰が買いたがっているのか、具体的な人物像を描くことと思います。たとえば自分が売りたい買いたいと思えば、かならず同様の人がいると思います。そんなニーズにこたえるのが商売です。

■ミッションのすすめ

マーケットを利用した取引には必ず税金および手数料がかかります。この2つはスキルおよびStandingで軽減することができますので、ミッション活動は割りと重要な項目となります。また、ミッションを通じて知ることのできるモジュール類の知識、ミッションランナーの活動地域やその内容は仕入れや販路の確立に必ず役立ちます。

■商都

商品の取り扱いを目的としたユーザーが集まるStationがあります。4大FactionであればCalのJita、AmaのAmarr、GalのDodixie、MinのRensが有名です。どのRegionでもだいたい商都が存在します。マーケットを見て、BuyOrder?およびSellOrder?の数が目立つStationがあると思います。そこがそのRegionの商都です。ポイントはStationなことです。星系ではなくStation。

■商都ではないが人がいる地域

なぜそこに人がいるのか。堀、生産拠点、PVP拠点、ミッション地域。彼らは何を現金化したがってどんな物資を必要としているか。これらを想像すれば商売のネタはいくつもあると思いませんか?

デイトレーディング初級Tips

09/06/02新米デイトレーダー スパイク
  • 価格調整はMarketとWallet(のOrderタブ)の2つのウィンドウを並べて開く。

Market情報を見ながら、WalletのOrderリスト上で操作できるので効率的。Marketウィンドウのタブ切り替えながらやってたころに比べて操作時間半減しました。

  • 小数点以下の価格調整はマウスホイールでもできます。

価格修正を選択→ホイールをクリクリ→OK選択、と小豆バー食べながら片手で操作できるようになりました。

  • 利幅が薄い商品を扱う際は、Sales TaxとBloker's Feeを気にかける。スキルやStandingを上げると税率は下がります。

デフォルトでも各1%と少なく感じてましたが、売買額の差が5%の商品を扱う場合、

Buy Orderで1%のBloker's Fee、Sell Orderで1%のBloker's FeeとSales Taxだと、利益率は約2.05%

Buy Orderで0.7%のBloker's Fee、Sell OrderでBloker's Fee0.7%とSales Tax0.6%だと、利益率は約3.04%

と利益が1.5倍になりました。売買額の差が小さい商品はライバルが少ない事が多いです。

(売買できる見込みが少ない宝くじ的なSell/Buy Orderでも、成立しなかった際には無駄となるBloker's Feeが安いとお得です。)

  • 投資した資本の回転率がよい商品だけ扱うようにしました。大げさに言うとROEを高めるって事ですw

エクセルや外部ツールで見てみると、利益に貢献している商品点数はそんなに多くありませんでした。

その他の商品はばっさり損切りしたら、効率のいい商品により資金を回せるようになり機会損失が減りました。価格の付け替えのめんどくささも減って、回数をこなせるようになりました。

コメント・質問などなど

  • ttp://www.eveonlinetrading.com/about-this-guide/ Jitaローカルを眺めていたら貼られていたので。 -- millionlives? 2012-09-09 (日) 23:11:17


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-09 (日) 23:11:18 (2569d)