簡易サイト

There are 10 different types of Anomaly Class ranging from Class 1 (easiest) to Class 10 (hardest).

   Class 1 = (Faction) Hideaway or Angel Cluster (easiest)
   Class 2 = (Faction) Burrow or Angel Collection
   Class 3 = (Faction) Refuge or Angel Assembly
   Class 4 = (Faction) Den or Angel Gathering
   Class 5 = (Faction) Yard or Angel Surveillance
   Class 6 = (Faction) Rally Point or Angel Menagerie
   Class 7 = (Faction) Port or Angel Herd
   Class 8 = (Faction) Hub or Angel Squad
   Class 9 = (Faction) Haven or Angel Patrol
   Class 10 = (Faction) Sanctum or Angel Horde (hardest) 

Each Anomaly Class has 4 different level's ranging from Level 1 (easiest) to Level 4 (hardest).

   Level 1 = (Faction name) + Anomaly Class (easiest)
   Level 2 = (Faction name) Hidden + Anomaly Class
   Level 3 = (Faction name) Forsaken + Anomaly Class
   Level 4 = (Faction name) Forlorn + Anomaly Class (hardest)

Hacking Profession Site

数個のHacking缶と敵が存在する。
Hacking缶を開けるには、Codebreaker Iという装備が必要。(習得の敷居は高め)
Hacking缶の中にはInventionに必要なアイテム、必要なアイテムのBPC、その材料、などが隠されている。

サイトへワープした段階から数隻のNPCがいることが多く、SysetmのSLによっている船の大きさが変動する。
W-Spaceの場合は当然ながらSleeperがいる。

  • Hacking缶はOV上ではコンテナと同様のアイコンで示され数個が点在してることが多い。
  • Hacking缶を開錠するためにはサルベージと同様に5km以内に接近する必要がある。
  • 缶を開けているとNPCのWaveが発生することが頻繁に起こりうるのでNPCがPopした時点で防御に自信がない場合は即座にいったん離脱する必要があるので注意。
  • 中身が空の缶もそれなりにある。

コンテナから得られるものは発明時に使用することができるDecryptor等が得られる。

  • Invention Materials:
    • Datacore
    • Racial Encryption Methods skill books
    • Invention components needed for invention
  • Blue Print Copies for:
    • Tech 2 items
    • Tech 1 Faction items
    • COSMOS specific items
  • Manufacturing Components needed by COSMOS or Tech 2 Blue Print Copies
  • Mission-specific items for COSMOS missions

Codebreaker I 必要スキル

Secondary Skill required
├ Hacking I  
├ Science   
└ Electronics Upgrades   
  ├ Electronics II  
  └ Engineering II

Archaeology Profession Site

数個のArchaeology缶、Salvaging缶と敵が存在。
Archaeology缶を開けるにはAnalyzer Iが、Salvaging缶を開けるにはSalvager Iが必要。
T2 Rig BPCや、Salvaged Materialが手に入る。

 

Archaeology Site

通常敵が若干存在するパターンが多い。
オーバービュー上に数個コンテナと同様の◇が写る。
近寄って(5km)ターゲットした後に Analyzer I を使用すると開錠できるのでコンテナを開けることができる(1500m以内)
コンテナの中には空のものもある。

Salvage Site

通常敵がいないことが多い。
オーバービュー上に数個コンテナと同様の◇が写る。
近寄って(5km)ターゲットした後に Salvager I を使用すると開錠できるのでコンテナを開けることができる(1500m以内)
コンテナの中には空のものもある。

  • コンテナから得られるものは通常のサルベージマテリアル(RIG材料)

Faction Complex

中で特定の物体や敵を破壊するなどフラグを立てると、別の隠しComplexの情報を得ることがある。(Escalating Path)
条件を満たすと、MissionウインドウのExpedition(探検)タブの中にミッションのようなものが加えられ、どこSystemのどこへ行けばいいかがわかる。
このようにして発見した高位の探検Complexは、通常のScanningでは発見できず、報酬もずっといい物である可能性があるという。

Worm Holl

WormHoll


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-30 (日) 16:14:38 (2454d)