GateBattle

Gate前での戦闘

Fleet Commanderの命令通りに行動すればいいですが、指示の意味をよくわかっておきましょう。あと、Gate前で敵にあっても常に交戦するわけじゃないのでFCの指示をよく聞くように。

自分が攻撃側である場合と、攻撃を受ける場合の両方の視点から基本の動きを頭にいれておくように。

読む前にFlaggingを把握すること。

High Sec(戦争時)

System Aの、System B Gateの前を張って、通過する戦争ターゲットを捕まえる方法:

GateのActivationとLocalをよく監視します。敵が出入りしたら、Localのメンバーリストからすぐにわかります。

敵がBからAへ飛んできたとき GateがActivateしてLocalに一人敵が増加したら、敵が目の前のゲートを通じてこっちにきた可能性があります。敵はこちらのキャンプを発見したらなんとか逃げようとするはずです。 Tacklerは敵のクロークがはげるのを待って、Align->Warpする間にロック、Scramble&Webをかけます。ちゃんとしたFrigateなら、Cruiser以上は確実に捕まえられるはずです。

大型艦も協力して、Gateに戻られて逃がさないように、その船をGateから遠ざけるようにBumpします。

敵がSystem BゲートへWarpしてきたとき まず、Tacklerが一人だけその敵にScramble+Web+攻撃を仕掛けます。その他のTacklerは反対側に飛びます。攻撃したTacklerは、敵が何らかの反撃行動を起こしたかどうかを注意深くみます。敵が反撃行動を起こした場合、敵のターゲットアイコンに赤い四角枠の点滅が追加されます。これがAggroをとった状態です。黄色い点滅はロックされているだけで反撃はありません。 TacklerはAggroを取れたら正確にFCに報告します。Aggroをとれたら、敵は約2分間Stargateを使えない状態になるので、足止めに成功したことになります。このとき全員でその敵を攻撃し沈めます。

反撃されずにStargateまで近づかれてJumpされた場合、攻撃陣も一緒にJumpします。反対側に飛んでいたTacklerが、敵がクロークアウトした瞬間を狙って敵の足止めに成功したら、攻撃陣で敵をGateから遠ざけるようにBumpし、Gateへ戻れないようにします。

Bumpに失敗して再びGateに戻られてJumpされたら、最初に攻撃したTacklerが元のSystemで敵を足止めします。

Tacklerや攻撃陣が何人残って何人飛ぶかは状況に応じてFCが指示するはずですが、基本はこの形になります。自分が重い船の場合は、これの反対で、何度もGateを言ったりきたりして敵のAggroをとり片方のSystemに足止めし、脱出を図ります。

Low Sec

戦争対象でない敵とのLow Secでの戦闘。 Low Secでは、敵が戦争対象であるか、Outlawである場合を除いて、敵を攻撃するとGate前ではSentry Gunから攻撃を受けます。読む前にFlaggin:Guide/Flaggingをマスターしておくように。

なので、Gate前で違法に攻撃できるのは、BattleshipとTankのあるBattlecruiserです。 Sentry Gunは通常のNPCと違って、攻撃対象が複数いる場合すべてに順に攻撃していくので、誰か一人がSentry GunをTankしてその間に他の人が自由に攻撃、といったことはできません。 Cruiser以下の人は、攻撃してはいけません。FCからも指示があるはずです。 FCは、Sentry Gunを耐えつつも敵をすばやく倒す火力があるかどうかを判断して攻撃命令を出すはずです。よく聞くように。

戦闘が終了したら、Safe Spotへ退避します。最後に違法な攻撃を行ってから15分間はSentry Gunに攻撃されつづけるので、Criminal Timerを切る必要があるからです。

0.0 Sec

0.0ではSentry Gunはありません。High Secでの戦争時と同じ方法で敵を捕まえます。 0.0ではBubbleを使えるので、その場合はより効率的に敵を捕まえることができます。

System AのSystem B GateをCampしている場合、GateがActivateした瞬間、InterdictorがBubbleを発射します。 Bubbleの半径は20kmで、Gateを抜けた先の船の出現位置をすべてカバーします。敵がクロークアウトしたら、Tackleを仕掛けます。Bubbleの範囲内に入っている間はWarpが出来ないので、若干Tackleに余裕があります。 Gateに戻られてJumpされたら逃がしてしまうので、Webをかけて大型艦は敵をGateから引き離すようBumpを試します。

Cloaked船へのTackle

まずは、Cloaking Deviceをよく読むように。

System AのSystem B Gateをはっていて、敵のCloaked船がSystem BからSystem AへJumpしてきた場合。敵はこちらのCampを確認したら、どうにかして逃げようとします。Cloaked船も、一度Jump後のCloakをとかないと船のCloakが使えません。なので、一瞬クロークが解ける瞬間があります。 Tacklerはその瞬間に敵のいる位置へ船を向かわせます。このときApproachを使ってはだめです。Approachでは再びクロークされたときに船の移動がとまってしまうからです。手動で敵の位置をダブルクリックし、MWDを吹かして敵に接近、ロックを試みます。

敵が再びクロークしたときでも、敵の半径2km以内まで近づくと敵のCloakがはげるので、ロックします。ロックに成功したら敵は再びCloakはできません。

EVEのどの船でも装備をつめばCloak出来ることに注意。 CloakしたままWarpができるのは、Covert Ops(Stealth Bomberは無理)、Force Reconだけです。これらの船にも同じようにTackleを試みますが、クロークされた後すぐWarpされると捕まえるのは難しいです。 Bubbleのある環境では捕まえられる可能性も高くなります。

Cloak時の速度にボーナスがあるのは、Stelath BomberとBlack Opsで、Cloak時に通常より早く移動できますが、Warpはできません。これらの船は目測で近づいてもすでに移動されてる可能性があるので付近を動いてクロークをはがせるよう努力します。

これ以外の船では、Cloak時には速度がかなり遅くなるので、Tacklerの腕次第で捕まえることができるはずです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-13 (火) 01:12:24 (3359d)